ネイル資格の豆知識 グリーンネイルとは?
HOME

ネイル資格取得ナビ

ネイル資格の豆知識

グリーンネイルとは

綺麗にしたはずの爪に、カビが生えたらどうしますか。うげっという感じですが、いま増えています。ネイル資格に興味がある方は既に御存知でしょうが、グリーンネイルです。原因菌は緑膿菌という菌です。

名の通り緑色の色素を持った特徴的な菌です。普段は人の身体に住んでいても害はないのですが、抵抗力が低くなった場合一気に増え、害をなす日和見感染を起こす菌として変化します。この菌が厄介なのは非常にしぶとく、薬で消えないということです。消毒薬の中でも増殖してしまうのです。

この緑膿菌は好気性菌という風通しのいい場所が好きな菌です。でもジェルネイルやつけ爪など、ずっと密封された環境の下で爪に棲みつくことがあって黄緑や、緑に変色させます。原因は決まった期間内に外さなかったことや、ネイル制作の時に、きちんと接着できていない、素爪とネイルの間に隙間が出る等のことが要因です。

あまり知識のないネイリストが行った後、勧告しなかったことで起きてしまうこともあり、時にトラブルの種となってしまいます。厚生労働省なども頭を抱え、皮膚科医が警鐘を鳴らしているのが現状です。

もしネイル資格を取った後、爪の色がおかしいお客様がいた時は、すぐに皮膚科の受診をお勧めしてください。放置しますと爪全体がぼろぼろになってしまいます。専用の薬で解消は可能なので、いつグリーンネイルのお客様が来ても良いように、きちんと学習なさってください。お客様の爪を守りたいですね。

© ネイル資格取得ナビ
PAGE TOP