ネイル資格とネイルの魅力 使う道具の種類
HOME

ネイル資格取得ナビ

ネイル資格とネイルの魅力

使う道具の種類

ネイル資格を取る前に確認していきたいことがひとつあります。道具を揃えられるか、作業スペースがきちんと取る事が可能かどうかということです。

ネイルの道具には様々なものがあります。技法によって、使うものが違います。甘皮処理用のオレンジスティック、表面に磨きをかけるバッファやポリッシャー、形を整えるファイル、除光液、筆もしくはエアブラシ、ストーン用ピンセット、ジェルネイルの場合は、ライトも必要です。小さなものを入れるケースも大切です。

ネイル資格を取るためのスクールではおそらく選び方を教えてくれるかと思います。安くていいものもありますが、道具の基本原則は下手な人間ほどいい品をというものです。

弘法筆を選ばずと言いますが、逆にどへたくそは道具次第で何とかなる、ということもあります。ピンセットも100円の安いものと1200円のステンレス鋼のものでは、作業速度が全く違うのです。最初ほどいい道具、手にしっくりくるものが必要です。

また、ネイルの道具は消耗品が多く、買い替えが必要です。今挙げたピンセットも1年たちますとあわせがおかしくなってきます。買い替えが必要なのです。数百円でも何回も使いますと年に10万以上かかってしまうことが多いのです。出納帳が必要ですね。

本格的にしようと思うとネイルにはお金がかかります。ネイル資格を取るためのスクール代と同時に、こうした細かな経費がずっと払っていけるか考えながら、資格の講座を選んでいきましょう。

© ネイル資格取得ナビ
PAGE TOP